シャッター修理を依頼して直す【しゃしゃっとシャッター直します】

PICK UP

  • 修理をする

    シャッターが修理に出される要因には、様々なものがありますが、その中から、今回はスイッチ部分の故障について具体的に紹介しています。そのため、シャッターの修理を考えている人は、参考にしてみると良いでしょう。

    高品質な施工で高い信頼を得ている改修工事を埼玉で依頼するならこちらにお任せください。アフターフォローも充実していますよ。

  • メガソーラーについて

    近年になって、メガソーラーは、様々な企業で導入されています。では、何故このように多くの企業が導入するようになったのでしょう。ここでは、その理由について紹介しています。

電力供給を安定させる

デマンドコントロールとは何か

 デマンドコントロールを簡単に説明すると、電力のピーク値をカットして電気料金を削減して経済的に楽にすることを指します。電力は一年のうち夏の時期の7月から8月については電力消費量が増大します。増大した電力消費量をおよそ10%から20%くらいカットすることで、電力供給を安定化させます。  日本においての電力源である発電所は現在原発については全て停止状態にあり、火力発電などがフル稼働することで供給を満たしてはいますが余裕のある状態とはあまりいえません。そこでデマンドコントロールを行うことで省エネに貢献しようというのが狙いとなります。 デマンドコントロールは各電力会社が推奨していますので、世帯ごとに省エネルギーの意識が高まりデマンドコントロールが徹底されれば電力供給の面では安定することになります。デマンドコントロールをする際にはデマンド監視システムかデマンドコントローラーを使います。

電力量を抑える仕組みについて

 省エネルギーについては通常企業や工場、商業施設などにおいてエネルギーを抑えるよう周知徹底されています。しかし施設ごとの努力だけでは限界はあり、また電力を大量に必要とする業種も存在しますのでデマンドコントロールは省エネを考える上で必要不可欠な考え方とされ始めています。 デマンドコントロールの例としてはまず電力量を監視できるようにします。使用電力量が可視化することで、24時間電力を監視できます。デマンドとは30分当たりの電力使用量を指す言葉です。 設定したデマンド値を超える可能性がある場合には警報を発信します。受信後に自分自身で負荷を制御を行うものをデマンド監視システムと呼びます。 もう一つ、自動制御して負荷を押さえておく役割を持つタイプをデマンドコントローラーと呼びます。デマンドコントローラーはエアコンなどの空調設備についている省エネ装置です。 どちらが優れているかについては一概にはいえない部分がありますので、業者ともよく相談しながら導入する形となります。

PICK UP

  • 改修工事について

    「そろそろ改修工事をしたい」という人へ、改修工事の注意点について紹介します。また、ここでは、改修工事の際、近所の人とトラブルにならないようにするためのポイントも紹介しているので、興味のある人は参考にしてみると良いでしょう。